文化を彩る、アカツキらしい言葉たち

47

35 カラフル

「アカツキらしい価値観に基づく働き方や組織の在り方を世の中に示し、すべての人が笑顔で明るい社会を実現したい」 「 太陽の光と、多彩な個性が混ざ…

34 Whyから始める

アカツキではWhyから始めることを大切にします。  なぜそれをやるのか、なぜチームが存在するのか、どんな理想状態(to be)を目指すのか。 全社とし…

33 緊急ではないが重要なことにも時間を使う

アカツキは、「緊急ではないが重要なこと」をとても大切にしています。 書籍『7つの習慣』でいうところの「第2領域」と言われる領域ですが、普段の仕事…

32 小さな政府

小さな政府とは、任せるところは民間や自治体に可能な限り任せて、政府の行政の規模を小さくし、各々の役割に委ねていく政府の考え方です。 アカツキで…

31 批評家ではなく、当事者であれ

アカツキのメンバーは、“批評家”ではなく“当事者”であることを意識します。 ただ批判しても何も変わりません。 アカツキは、メンバーが環境を主体…

30 モヤモヤを共有する

アカツキには、モヤモヤすることや気になることを話し合う文化があります。 モヤモヤは普段言いにくいことだと思いますが、そこには良い課題が存在して…

29 理解と同意は分ける

アカツキでは、相手を理解することと同意することを分けて考えています。 相手の状況や感情を理解することは、無制限にできます。 でも、それに同意す…

28 愛と向き合う

アカツキでは「愛を持ったフィードバック」「愛しているか」という言葉が飛び交います。 会社の中で愛という言葉がでるのもアカツキらしさです。 表面…

27 本質思考とゼロベース思考

アカツキでは、物事の表面だけでなく、 一番本質的なところまで考える思考を大切にします。 「本質的には」「そもそも」という言葉はアカツキでよく見…

26 プラス受信

プラス受信とは、起こった出来事をまずはポジティブに受け取る姿勢です。 どんな出来事も、見方によって捉え方が変わります。 出来事にはすべて大切な…