見出し画像

18 二律背反の統合

渋沢栄一氏は義利合一という言葉で、
ビジネスにおいて、大義を追うことも利益を追うこともどちらも大事であり、本来、合一なるものだと説いています。

少林寺拳法の世界でも力愛不二として、
愛なくしてはただの暴力、力なくしては無力と説いてますが、どちらも大事だとしています。

アカツキも、義利合一・力愛不二をはじめとして、一見相反するどちらも追いかけることを大切にします。

大義と利益、青臭さとプロフェッショナル、コト(事業)とヒト(組織)。
一時的にどちらかに寄せる時期はあるかもしれませんが、アカツキは「orではなくand」の精神を持って、最終的にはどちらも大切にすることを諦めないチームです。

 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 
"アカツキらしい言葉たち"

年に1度のペースで発行する社内本「アカツキのコトノハ」から、アカツキにおける「言葉の定義」や大切する「アカツキらしい言葉」をピックアップして紹介しています。

こちらを読んでアカツキが気になった方は、ぜひHPへ遊びにきてください。
▶︎ https://aktsk.jp/recruit/

#アカツキが大切にする言葉

スキをありがとうございます!アカツキ
2
株式会社アカツキの人事・広報部門で文化発信しているチーム、“Heartful”が、アカツキでアカツキ働く人、組織の取り組み、文化醸成などをご紹介します。ハートドリブンに生きて・働くことを考えるきっかけに。

こちらでもピックアップされています

文化を彩る、アカツキらしい言葉たち
文化を彩る、アカツキらしい言葉たち
  • 47本

カルチャーブック「アカツキのコトノハ」は、アカツキで働くメンバーがひとり1冊ずつ持つ本です。思いと知見から生まれた「アカツキらしい言葉」を言葉の定義」とともにひとつずつご紹介しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。